『内部被ばくを生き抜く』上映と鎌仲ひとみ監督トーク ベルブ永山で10/20| 多摩ニュータウン.com

『内部被ばくを生き抜く』上映と鎌仲ひとみ監督トーク ベルブ永山で10/20

EARTH VISION多摩実行委員会は10月20日(土)、多摩市立永山公民館ベルブホールでドキュメンタリー映画『内部被ばくを生き抜く』の上映会を主催する。計4回上映し、1回目の後に鎌仲ひとみ監督(写真)のトークも予定している。

作品は、広島、チェルノブイリ、イラク、福島で被ばくに関する医療活動を継続してきた4人の医師に、「内部被ばく」にどう対処したらいいのかを問いかける内容。トークでは、鎌仲監督が様々な視点から内部被ばくについて語るという。

上映時間は80分で、午前10時、午後1時30分、4時、6時からそれぞれ開始。11時20分頃からのトークには、席に空きがある場合チケット(半券含む)提示で入場できる。料金は前売1000円、当日1200円、学生は前売・当日とも800円。

会場入口前のスペースには、内部被ばくや放射能関連の図書、市民測定室による放射線測定情報、「福島とつながる種まきプロジェクトネットワーク」と恵泉女学園大学が協力し福島県農業の現状を伝える情報などを展示するコーナーも設ける。

『内部被ばくを生き抜く』上映会+鎌仲ひとみ監督トーク (たえのは)

『内部被ばくを生き抜く』公式サイト

“『内部被ばくを生き抜く』上映と鎌仲ひとみ監督トーク ベルブ永山で10/20”の関連キーワード

update: 2012年10月14日