キティが多摩センターで一日駅長–あす、副駅名「ピューロランド最寄駅」設置を記念して| 多摩ニュータウン.com

キティが多摩センターで一日駅長–あす、副駅名「ピューロランド最寄駅」設置を記念して

tamacen-puro

副駅名看板(イメージ)


京王多摩センター駅で4月1日(水)、副駅名として「サンリオピューロランド最寄駅」が設置されることを記念し、サンリオピューロランドを代表してハローキティが一日駅長を務める。キティが同駅改札前で乗降客を出迎える趣向で、午前10時、正午、午後2時の計3回、各回30分程度を予定している。
京王電鉄株式会社(本社多摩市)は、利用客が多い6駅のホームで、最も視認性が高い駅名標板の付近に、施設名称を入れた“副駅名標板”を設置する。多摩センター駅もその中の1つで、他は初台、下高井戸、柴崎、府中、稲城の各駅。サンリオピューロランドが立地する多摩センター地区は、平成14年度より「ハローキティに会える街 多摩センター」という名称で市民や来街客にも親しまれている。

4月1日(水)から副駅名標板を新たに6駅で設置します! 〜新生活に向けた京王線の利便性向上と、地元にゆかりある施設と京王線に親しみを〜 (PDF)(京王グループ)

“キティが多摩センターで一日駅長–あす、副駅名「ピューロランド最寄駅」設置を記念して”の関連キーワード

update: 2015年3月31日