多摩まちづくりファンド、応募締め切り迫る–個人も申請可| 多摩ニュータウン.com

多摩まちづくりファンド、応募締め切り迫る–個人も申請可

「公益信託多摩まちづくりファンド」の助成対象事業の募集が4月15日に締め切られる。同ファンドは、土地区画整理事業から生まれた余剰金を基金として積み立て、これを原資に活用して毎年度、多摩市のまちづくりに取り組む個人・団体の活動を助成している。

2010(平成22)年度の助成対象事業のテーマは、「いきいきとした街づくりに関する活動および調査研究」。具体的には、2010年4月から2011年3月の期間中に実施する、観光によるまちづくり、歴史文化を生かしたまちづくり、安全安心なまちづくりなどの活動が対象となる。

多摩市のまちづくりに関する活動であれば、応募者の在住地は問わないが、営利・宗教・政治を目的とした活動は助成対象外。1件当たりの助成金額は40万円を上限とし、ファンド全体の助成総額は1年度につき80万円。

同ファンドは1987年の設立以来、これまで約40件の事業を助成してきた実績がある。2009年度は、「赤ちゃんや幼児のいる家庭の防災ハンドブック製作」(NPO法人シーズネットワーク)、「市内の八重桜の花を漬け込み、桜の特産品の試作と試食会の開催」(せいせき観光まちづくり会議)などが助成を受けて事業を実施した。

2010年度の応募は、所定の助成金申請書に必要事項を記入し、4月15日までに同ファンドの受託者である中央三井信託銀行本店法人営業部公益信託課へ郵送する。申請書は多摩市ホームページでダウンロードも可。問い合わせは、中央三井信託銀行本店法人営業部公益信託課(電話03-5232-8911)へ。

多摩市「多摩まちづくりファンドのご案内

“多摩まちづくりファンド、応募締め切り迫る–個人も申請可”の関連キーワード

update: 2010年4月9日