多摩市長選:現職阿部氏が再選–市議補選は自民・佐伯氏| 多摩ニュータウン.com

多摩市長選:現職阿部氏が再選–市議補選は自民・佐伯氏

多摩市長選挙の投開票が4月13日に行われ、現職の阿部裕行氏(58)が3万1828票の得票で再選を果たした。新人の相沢けい太氏(33)は4237票、松田道人氏(40)は3509票で及ばなかった。投票者数は4万1224人で、投票率は34.47%だった(前回は45.50%)。
阿部氏は多摩市乞田の選挙事務所で、当選確定後あえて「万歳」ではなく、「がんばろう」を支援者らとともに唱和。記者会見で「当選したからといって浮かれている状況ではない。市民の皆様の支持と期待にしっかり応えていきたい」と気持ちを引き締めた。公共施設の見直し、少子高齢化対策などしっかり取り組んだうえで、「幸福感のあるまち、健康都市多摩をつくっていきたい」と力を込めた。

また、同日実施された多摩市議会議員補欠選挙は、自由民主党の元市議・さえき美生氏(53)が2万2729票で当選し、2011年4月の市議選で落選して以来3年ぶりに返り咲いた。日本共産党の大くま真一氏(37)は1万6184票で落選した。
関連記事:
多摩市長選:候補者へのアンケート調査(2)阿部ひろゆき氏

“多摩市長選:現職阿部氏が再選–市議補選は自民・佐伯氏”の関連キーワード

update: 2014年4月13日