桜名所を巡る「多摩桜ウォーク」参加者募集–28日に唐木田駅出発| 多摩ニュータウン.com

桜名所を巡る「多摩桜ウォーク」参加者募集–28日に唐木田駅出発

多摩商工会議所は28日、多摩の桜の名所をめぐる「多摩桜ウォーク」を実施する。同商工会議所が進める「多摩桜プロジェクト」の一環で催すもの。多摩の桜を観賞しながら、桜を活かしたニュータウンのランドスケープ・デザインも専門家の解説付きで楽しむ趣向だ。

午前9時45分、小田急線唐木田駅前に集合。午前10時から歩き始め、川井家しだれ桜、鶴牧西公園・東公園、奈良原公園・宝野公園、多摩中央公園を巡り、午後1時にパルテノン多摩の大階段で解散の予定。参加無料。雨天の場合は中止する。

参加申し込みは、同会議所(電話042-375-1211)へ。インターネットでも専用フォームで申し込みを受け付けている。 多摩桜プロジェクトは、江戸時代から桜の名所として親しまれてきた多摩丘陵の歴史にちなみ、多摩市の桜文化を復権させ、「桜の美しいまち多摩市」を全国に発信するのが狙い。

多摩ニュータウン50周年、多摩市45周年、多摩商工会議所20周年という節目の年となる2016年を目標に、桜をシンボルにしたまちづくりの実現を目指す。2008年2月に多摩商工会議所内に実行委員会が設置され、プロジェクトが始動した。多摩の桜文化の調査をはじめ、桜の植樹、桜によるイベントや新産業の形成、桜ネットワークの構築などに、産学官と市民が連携して取り組んでいる。

今年3月には、プロジェクトの新たな推進役となる「多摩・桜人の会」(会長・坂田忠孝多摩商工会議所副会頭)も発足。古くから日本に自生する代表的な桜であるヤマザクラの保存育成や、国際宇宙ステーションに保管された、全国各地の桜の銘木の種から芽吹いた「宇宙(そら)桜」を多摩市内に植える事業などを進めてゆくという。(亀山 康江)

多摩桜ウォーク2010参加申込フォーム

多摩桜プロジェクト

“桜名所を巡る「多摩桜ウォーク」参加者募集–28日に唐木田駅出発”の関連キーワード

update: 2010年3月25日