自民・小礒氏と維新・石川氏が当選–都議選・南多摩| 多摩ニュータウン.com

自民・小礒氏と維新・石川氏が当選–都議選・南多摩

東京都議会議員選挙の南多摩選挙区(多摩市と稲城市、定員2)で、現職のこいそ明氏(自民、60)と、元稲城市長で新人の石川良一氏(維新、60)が当選したと、NHKなどが報じた。
NHKの報道では、開票率98%でこいそ氏が3万3223票、石川氏が2万1643票を獲得。現職のしのづか元氏(民主、46)は1万6426票、新人の坂口いくみ氏(共産、44)が1万2106票となっている。
なお多摩市では、選挙当日有権者数11万8913人に対し投票者数5万4471人で投票率は45.81%にとどまり、前回の56.41%を10.6ポイント下回った。

【6月24日追記】
東京都選挙管理委員会が公表した南多摩選挙区の投票結果によると、最終得票数はこいそ氏3万3415票、石川氏2万1960票、しのづか氏1万6730票、坂口氏1万2386票だった。
東京都選挙管理委員会
東京都議会議員選挙 (多摩市ホームページ)

“自民・小礒氏と維新・石川氏が当選–都議選・南多摩”の関連キーワード

update: 2013年6月23日