音楽と環境の野外イベント、週末の多摩センターで–タマソニックとアースデイ| 多摩ニュータウン.com

音楽と環境の野外イベント、週末の多摩センターで–タマソニックとアースデイ

多摩センターの三角広場ステージで5月17日(土)午前10時から、野外ライブイベント「TAMASONIC 2014」が開催される。今年で4回目となる無料ライブで、観客からカンパを募り、機材費等の経費を除いて東日本大震災の震災孤児や、世界の恵まれない子供達への寄付として募金する。昨年は14万1250円を寄付できたという。

今年の出演バンドは、THE AUTOCRATICS、BASSUI、CLEAVE、CHANIWA、COQUETTISH、ember、ENDZWECK、HONEY SUGAR MILK CHOCOLATES、MINOR LEAGUE、MUGWUMPS、THE REDEMPTION、TOO CLOSE TO SEE、VELOCITYの計13組。
TAMASONIC実行委員会が主催し、企画制作はJustrockとBEERHOLE RECORZが担当した。終演は午後6時30分の予定。
また、三角広場からほど近い多摩中央公園では、17日と18日(日)の2日間にわたり屋外イベント「アースデイ2014〜春〜 in 多摩センター」が開催される。時間は両日とも午前10時から午後4時まで。
「アースデイ」(地球の日・4月22日)とは、国境・民族・信条・政党・宗派を越えて多くの市民が参加し、 世界184カ国で行われている世界最大の環境フェスティバル。日本でも4月から5月にかけ、全国各地で開催される。

パフォーマンスのステージは、「脱・送電線ライブ」の活動を展開する「ジュンノスケ」さんが協力し、音響等の電源は自然エネルギー100%で行う。出演者は、夜弓神楽狐之灯矢、白鳥まりあ、入江規夫、響貴永幸、あなふぃん、SAOMARIICHI、かぜよし、Go Nakagawa、三田サブウェイラインズ、ダンスクルーワン、SAOMARIICHI、NOW【なお】、紗央、sunny honey、エコガールズ。両日のタイムテーブルはこちら
ハンドメイド・ワークショップエリアに出店するのは、草木染めの衣料などを販売するうずまき商店、エスニックショップてってストア、布小物や編み小物のベランダ号など。またエコ啓発エリアでは、恵泉女学園大学、福島とつながる種まきプロジェクトネットワーク、3.11アクション in TAMA、一般社団法人多摩循環型エネルギー協会が共同で出店し、福島産野菜やリサイクル品の販売、活動報告などを行う。
このほか、キッチンカーが並ぶエリアや、フリーマーケットもある。主催はアースデイジャパン東京多摩実行委員会。
TAMASONIC 2014
アースデイ多摩

“音楽と環境の野外イベント、週末の多摩センターで–タマソニックとアースデイ”の関連キーワード

update: 2014年5月16日