高齢社会を前向きに–『ペコロスの母に会いに行く』上映会、ベルブ永山で4/12| 多摩ニュータウン.com

高齢社会を前向きに–『ペコロスの母に会いに行く』上映会、ベルブ永山で4/12

TAMA映画フォーラム実行委員会は4月12日(土)、多摩市立永山公民館のベルブホールで映画『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督、2013年)の上映会を主催する。上映は4回あり、同作プロデューサーの村岡克彦氏によるゲストトークもある。
出演は岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮、竹中直人、原田知世、宇崎竜童、温水洋一ほか。実行委員会によると、「深刻な社会問題として語られがちな介護や認知症を笑いと愛の溢れる喜劇映画として描いた」といい、「高齢社会を前向きにとらえる視座を分かち合えることを期待します」としている。

開演時間は、第1回が午前10時30分で、第2回以降は午後1時30分、4時、6時30分。第1回の終演後、12:24からゲストトークを予定している。
チケット料金は、大人前売り1000円、当日1200円。子ども(4〜12歳)が600円、支援会員、障がい者と付添い1名は当日600円。
前売り券は、永山公民館、多摩市役所売店、聖蹟桜ヶ丘ヴィータ7F「喫茶・風」、多摩センター「くまざわ書店 丘の上プラザ店」で購入できる。
TAMA映画フォーラム

“高齢社会を前向きに–『ペコロスの母に会いに行く』上映会、ベルブ永山で4/12”の関連キーワード

update: 2014年3月26日