多摩市非核平和都市宣言から1年–写真家・桃井和馬氏と阿部市長が対談、ベルブ永山で10/26| 多摩ニュータウン.com

多摩市非核平和都市宣言から1年–写真家・桃井和馬氏と阿部市長が対談、ベルブ永山で10/26

多摩市永山の永山公民館ベルブホールで10月26日(金)午後7時から、「多摩市非核平和都市宣言から1年、私たちのまちのこれから」と題したトークイベントが開催される。写真家・ノンフィクション作家の桃井和馬氏(写真)が講演し、阿部裕行市長や市民との対話も行う。

多摩市在住で140カ国以上を取材してきた桃井氏は、「非核平和都市の実現にむけて―3.11を経て、私たちが見出す光―」という演題で、広島、ハンフォード、チェルノブイリ、福島といった「核の現場」で撮影した写真も多数紹介しながら語る。

第2部では、「私たちのまちのこれから―非核平和都市実現の具体的方策―」と題して意見交換を行う。桃井氏と阿部市長が参加し、増田みつ枝さんがファシリテーターを務める。

入場は無料で、申込不要・先着順。主催は多摩市と多摩市平和展市民会議。

永山公民館 (多摩市ホームページ)

“多摩市非核平和都市宣言から1年–写真家・桃井和馬氏と阿部市長が対談、ベルブ永山で10/26”の関連キーワード

update: 2012年10月24日