KDDI MUSEUM、鶴牧に秋にOPEN

本来は6月1日OPEN予定だったKDDI MUSEUMが
秋にOPENする、その前にバーチャルでOPEN

KDDI MUSEUM、鶴牧に秋にOPEN

「ペリーが幕府に送ったモールス電信機」から
膨大な数の携帯電話のギャラリー、とオープンが待ち遠しい場所です。
“infobar”“talby”“MEDIA SKIN”を使いたくて
auユーザーになりましたが今はSoftBankユーザーなった自分ですが
ここでまたリターンしたくなるほどの驚きを与えて欲しいものです。

隣には“長谷工マンションミュージアム”と大人の社会科見学としては抜群の街に

KDDIは、日本の国際通信の歴史に関する企業ミュージアム「KDDI MUSEUM」(所在地:東京都多摩市鶴牧3丁目5番地3) のバーチャルコンテンツとして新規ウィンドウが開きます「KDDIバーチャルミュージアム」を2020年8月6日から公開します。
「KDDI MUSEUM」は、日本の国際通信とKDDIの挑戦の歴史をご紹介し、お客さまと一緒に、ワクワクする方の未来を共に描きたいという想いを込めて設立したミュージアムです。
1871 (明治4) 年から約150年間の日本の国際通信の歴史を実物の機器や資料で解説するほか、auブランドで展開する歴代の携帯電話を一堂に展示、さらに最新の5G/IoT技術を体験いただけます。
当初、2020年6月1日の開館を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、現在開館を見合わせています。


<モールス電信機 (実物) と海底線陸揚庫 (復元)>

「KDDI MUSEUM」のリアルの開館時期は、決定次第改めてご案内します。また、今後バーチャルでもリアルでもお客さまにより楽しんでいただける施策を検討していきます。
KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、”ワクワクを提案し続ける会社”として、企業ミュージアムの運営においてもさまざまな体験価値を創造していきます。
(KDDI公式サイト)