脱原発訴えるアクションin TAMA、今年も開催へ–3/10に多摩市横断ウォーク| 多摩ニュータウン.com

脱原発訴えるアクションin TAMA、今年も開催へ–3/10に多摩市横断ウォーク

311アクションTAMA2013脱原発と被災地を忘れないことを目的に集まった、東京都多摩市を中心とした人たちが実行委員会を作って主催する「3.11フクシマを忘れない 原発のない未来を アクション in TAMA 2013」が、3月10日(日)に実施される。実行委員長は山口渉さん。昨年に続き2回目となるデモイベントで、広く参加を呼びかけている。

昨年は多摩センターでデモ集会を開催したが、今年は「多摩市横断ウォーク」。途中で電車移動もはさむが、多摩センターの周辺と、永山から聖蹟桜ヶ丘までのコースを歩く(左図、クリックで拡大)。
10日の進行は、まず午後12時30分に多摩中央公園で集合し、歩いて多摩センター駅に行ってから、1区間だけ電車に乗って永山駅へ。1時30分に永山北公園でミニ集会を行ったあと、2時に徒歩で出発して、聖蹟桜ヶ丘駅に近い九頭竜公園を目指す。終了は3時頃の予定。途中参加、途中退場も歓迎するという。
シンボルカラーは黄色で、「黄色いモノを身につけてお集まり下さい」とのこと。問い合わせは山口さん(080-6783-1434)へ。

“脱原発訴えるアクションin TAMA、今年も開催へ–3/10に多摩市横断ウォーク”の関連キーワード

update: 2013年3月1日