多摩市の挨拶運動イメージキャラ、愛称“はろぴー”に決定| 多摩ニュータウン.com

多摩市の挨拶運動イメージキャラ、愛称“はろぴー”に決定

多摩市青少年問題協議会は3月12日、あいさつ運動イメージキャラクターの愛称が、『はろぴー?』に決定したと発表した。[編集部注:名称の最後はハート記号。機種依存文字のため、閲覧する環境によっては「?」と表示されることがあります]

まず昨年4月から6月にかけて愛称の候補を市民に募集したところ、222件の応募があったという。この中から候補を5つに絞り、9月4日の第24回あいさつ運動キャンペーンと同時に聖蹟桜ヶ丘駅、多摩センター駅、永山駅の3駅周辺で選挙を実施。合計で1036票が集まり、市内在住の大原立江さんが応募した名称が411票を集めて1位に。今年2月に開催された多摩市青少協本会議で、『はろぴー?』を愛称とすることが正式に決まった。

多摩市青少協は、「これからも『はろぴー?』とともに、明るい笑顔とさわやかなあいさつがあふれる多摩市を目指して、あいさつ運動を推進していきます」としている。

あいさつ運動イメージキャラクターの愛称が「はろぴー?」に決まりました! (多摩市ホームページ)

“多摩市の挨拶運動イメージキャラ、愛称“はろぴー”に決定”の関連キーワード

update: 2012年3月13日