「オール多摩!健幸甲子園」、あすベルブ永山で初開催| 多摩ニュータウン.com

「オール多摩!健幸甲子園」、あすベルブ永山で初開催

kenko-koshien

クリックで拡大


一般社団法人多摩マイライフ包括支援協議会は3月14日(土)、多摩市および多摩医師会と共同で、地域包括ケアの取り組みを応援するイベント「オール多摩!健康甲子園」を初開催する。会場は永山公民館5階ベルブホールで、時間は午後1時から5時、参加無料。
多摩市で日々の健康づくりに取り組む16団体が、5分の持ち時間で活動を発表。優れた取り組みに対し、優勝、準優勝、敢闘賞の3賞を表彰する。阿部裕行市長が賞のプレゼンターを務め、あいさつも行う。
実行委員長の田村豊・多摩市医師会会長が進行役を務める来場者とのディスカッション、ホール前ホワイエでの「認知症予防へ向けた運動“コグニサイズ”について」ミニセミナー、3階講座室での団体パネル展示も予定されている。また終了後の5時30分からは、ホール内で名刺交換とネットワークづくりが行える団体交流会を実施。こちらは参加費1000円で、軽食とドリンクが付く。
今回は平成26年度版のプレイベントという位置づけ。27年度の「本番」では30団体の発表を見込んでいる。
多摩マイライフ包括支援協議会

“「オール多摩!健幸甲子園」、あすベルブ永山で初開催”の関連キーワード

update: 2015年3月13日