日テレベレーザ、伊賀を2-1で下す–なでしこ12節@多摩陸| 多摩ニュータウン.com

日テレベレーザ、伊賀を2-1で下す–なでしこ12節@多摩陸

日テレ・ベレーザは7月6日、多摩市立陸上競技場でプレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ第12節のホームゲームに臨み、伊賀フットボールクラブくノ一と対戦した。

ベレーザは前半、23分にFW田中美南選手(背番号9、上写真)が左足、31分にDF岩清水梓選手(22)がヘッドでそれぞれゴールを決め、2点差での折り返し。
後半は、48分に伊賀のフリーキックからDF道倉宏子選手(4)が頭で合わせて1点差に。そのまま押され気味に進行したが、辛くも逃げ切った。
第12節終了時点で、ベレーザは7勝3敗2分け、勝ち点23で3位。いずれも勝ち点29の1位浦和と2位湯郷ベルを追う。同じく3連勝中で首位のINAC神戸レオネッサを得失点差1で追う。

多摩市議会議員・桐木優氏による戦況レポート
日テレ・ベレーザ
なでしこリーグ

“日テレベレーザ、伊賀を2-1で下す–なでしこ12節@多摩陸”の関連キーワード

update: 2014年7月10日