多摩から邦画界に新風を―『TAMA NEW WAVE』、新人監督の映像作品を募集中| 多摩ニュータウン.com

多摩から邦画界に新風を―『TAMA NEW WAVE』、新人監督の映像作品を募集中

映画祭『TAMA CINEMA FORUM』を主催するTAMA映画フォーラム実行委員会が、今年で11回目を迎えるコンペティション『TAMA NEW WAVE』で新人監督による映像作品を募集中だ。応募の締め切りは7月9日。予備審査を経て、11月下旬開催の第20回同映画祭で本審査が行われる。

「日本映画界に新風を送り込む新しい才能を発見し、TAMAより広く発信すること」を目的とするという。劇場公開作品が3本以下の監督が応募でき、プロ・アマは問わない。2008年8月以降の日本国内で製作完成した30分以上100分以下の映像作品で、2010年11月末日時点で劇場公開およびビデオ市販の予定がないことなどが条件に付く。

賞金は、グランプリ作品が20万円、特別賞作品が5万円。そのほか応募の詳細はTAMA CINEMA FORUMのサイトを参照のこと。

11th TAMA NEW WAVE応募要項(TAMA CINEMA FORUM)

“多摩から邦画界に新風を―『TAMA NEW WAVE』、新人監督の映像作品を募集中”の関連キーワード

update: 2010年5月19日