地域活動の新たなコラボ模索するトークライブ–多摩センターのバーMonkeylandで2/11| 多摩ニュータウン.com

地域活動の新たなコラボ模索するトークライブ–多摩センターのバーMonkeylandで2/11

多摩センター地区のダイニングバーMonkeyland(豊ヶ丘1-11-1)で2月11日(水・祝)午後5時30分から、「地域パワーdeトークライブ 3.11から4年――地域活動の新しいコラボへ向けて」と題したイベントが開催される。地域での市民活動や多様なメディアに携わる5人のゲストが、これまでの活動を振り返りつつ、コラボレーションによりそれぞれの取り組みを発展させる可能性を語り合う。

トークゲストは、妹尾浩也さん(グラフィックデザイナー、多摩住民自治研究所機関紙「緑の風」編集長)、澤口佳代さん(映像制作者、NPO法人APAST 撮影担当)、山口渉さん(3.11フクシマを忘れない 原発のない未来を TAMA実行委員会)、内御堂賀奈さん(多摩映画好き飲んで話そう会〈たえのは〉代表)、猿谷淳さん(Monkeyland店長、「せいせきNo.1」発行人)の5人。当サイト「たまプレ!」の高森郁哉編集長が進行を務める。

参加費は、1ドリンク、1フード込みで1000円。定員は20人で申込先着順。申し込みは、主催の一般社団法人多摩循環型エネルギー協会(info@tama-enekyo.org 042-357-0335)へ連絡するか、下記リンク先のフェイスブックイベントページから。

地域パワーdeトークライブ「3.11から4年-地域活動の新しいコラボへ向けて」
(Facebookイベントページ)
一般社団法人多摩循環型エネルギー協会

“地域活動の新たなコラボ模索するトークライブ–多摩センターのバーMonkeylandで2/11”の関連キーワード

update: 2015年1月24日