多摩中央公園でアースデイイベント、きょう午後4時まで開催中| 多摩ニュータウン.com

多摩中央公園でアースデイイベント、きょう午後4時まで開催中

多摩中央公園できょう5月18日、屋外イベント「アースデイ2014〜春〜 in 多摩センター」が午後4時まで開催中だ。春季の多摩での開催は八王子市南大沢で4月の2日間、多摩センターで今週末の2日間で、18日はその最終日。初夏のような陽気の下、新緑が鮮やかな公園に出展団体による物販やエコ啓発のブースやパフォーマンスのステージが並び、訪れた市民らは買い物や飲食を楽しんでいた。

音響等の電源を自然エネルギー100%でまかなう「脱・送電線ライブ!」ではこの日、機材トラブルでスタートが少し遅れたものの、ソロやグループのミュージシャン、ダンスユニットなどが次々に登場。南大沢で練習しているという女子小学生らの「ダンスクルーワン」が息の合った振り付けで踊ると、出展者を含む大勢がステージの回りに集まって拍手と歓声を送っていた。

エコ啓発エリアでは、恵泉女学園大学、福島とつながる種まきプロジェクトネットワーク(種まきネット)、3.11アクション in TAMA、一般社団法人多摩循環型エネルギー協会、エコメッセ多摩が共同で出店。種まきネットが並べた二本松と喜多方市からの有機野菜、南相馬・小高商業高校の「大根かりんとう」、二本松有機農業研究会の「人参ジュース」などが関心を集め、出店者に質問をしてから買い求める客の姿も多くみられた。

アースデイ多摩実行委員会の飛田委員長は、「今回は事前の告知に課題があったが、11月にも秋季のアースデイを予定している。継続的なイベントにしていっそう盛り上げていきたい」と話していた。
アースデイ多摩

“多摩中央公園でアースデイイベント、きょう午後4時まで開催中”の関連キーワード

update: 2014年5月18日