東大・井野教授、ISEP古屋氏、阿部市長が“原発事故とエネルギーシフトを考えるシンポジウム” 多摩市で6/25| 多摩ニュータウン.com

東大・井野教授、ISEP古屋氏、阿部市長が“原発事故とエネルギーシフトを考えるシンポジウム” 多摩市で6/25

多摩市の永山公民館ベルブホールで6月25日(土)、「原発事故とエネルギーシフトを考えるシンポジウム」が開催される。東京大学名誉教授(金属材料学・原子炉圧力容器照射脆化)の井野博満氏、環境エネルギー政策研究所(ISEP、飯田哲也所長)の研究員の古屋将太氏、多摩市の阿部裕行市長が登壇する。午後6時30分開場、7時開演で、9時頃終了の予定。参加費は500円。

柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会の代表も務める井野教授は、「“技術でない技術”原子力発電―福島原発事故はなぜ起こったか」と題し、原発の基本と今回の事故を概説。デンマーク・オールボー大学大学院の博士課程に在籍する古屋氏は、欧州の最新エネルギー事情にも触れつつ、「分散型自然エネルギー社会への転換に向けて」と題した発表を行う。阿部市長は、多摩市として具体的にどのような取り組みができるか、まとそのためにどのような活動をすべきなのかについて、井野・古屋両氏と討論する。

主催は「エネルギーシフトをすすめる多摩の会」。問い合わせは、事務局の高森(090-3900-0479)まで。

エネルギーシフトをすすめる多摩の会

永山公民館 (多摩市ホームページ)

“東大・井野教授、ISEP古屋氏、阿部市長が“原発事故とエネルギーシフトを考えるシンポジウム” 多摩市で6/25”の関連キーワード

update: 2011年6月2日