南町田にIMAXデジタルシアターが11月オープン―国内5館目、都内初| 多摩ニュータウン.com

南町田にIMAXデジタルシアターが11月オープン―国内5館目、都内初

シネマコンプレックス「109シネマズ」を運営する東急レクリエーションは15日、東急田園都市線南町田駅前の「109シネマズグランベリーモール」(町田市鶴間3-4-1)に、国内5館目となる「IMAXデジタルシアター」を導入すると発表した。関東圏では神奈川県川崎市、埼玉県久喜市菖蒲町の109シネマズに昨年導入済みだが、東京都内では初となる。

グランドオープンは11月19日(金)で、オープニング作品は『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1』(IMAX 3D版)。オープニング第2弾は『トロン:レガシー』(IMAX 3D版)が12月17日に公開される予定。

IMAXデジタルシアターでは、壁面全体に張られた大型スクリーンが通常より客席に近い位置に設置され、視界いっぱいに広がる映像を体感できる。また、デジタルプロジェクターを2台同時に使用することで、映像がより明るく鮮明になり、特に3D映画では他の3D上映方式よりも優れているとする声も多い。

一方で、2D作品、3D作品とも料金が通常より高めに設定されていること、導入館が少ないことなどに不満の声も挙がっている。

東急レクリエーションのリリース

“南町田にIMAXデジタルシアターが11月オープン―国内5館目、都内初”の関連キーワード

update: 2010年9月15日