紙芝居を自作して“屋外シアター”に投影 東京にしがわ大学が多摩市で授業| 多摩ニュータウン.com

紙芝居を自作して“屋外シアター”に投影 東京にしがわ大学が多摩市で授業

東京にしがわ大学(特定非営利活動法人申請予定)は現在、7月9日(土)にクロスガーデン多摩(多摩市落合2-33)で開催する授業「つくって!演じて!大人の夜の紙芝居シアター」の参加者を募集中だ。講師は紙芝居師のみよよさんが務める。参加費は無料で定員24名。7月2日に申し込みを締め切り、応募者多数の場合は抽選となる。

時間は午後2時から9時までで、2部構成となっている。1部はクロスガーデン多摩内での公開授業で、4コマ紙芝居のストーリーを作ってから紙に描き、試しに演じてみる。2部はクロスガーデン多摩屋上駐車場に移動し、向かいのビル「ニューシティ多摩センター」の白い壁を大スクリーンに見立て、紙芝居の映像を投影する。

多摩市の「平成23年度夢たま補助金」の対象授業で、多摩市在住・在勤の有志でつくる「たま会」も協力する。

なお、にしがわ大学は同日、八王子市南大沢の首都大学東京で「もし東京でホームレスになったら」、武蔵野市吉祥寺本町のモノギャラリーで「吉祥寺の小さなギャラリーでできること」という2つの授業も開催する。

これから開催する授業 (東京にしがわ大学)

つくって!演じて!大人の夜の紙芝居シアター (多摩市ホームページ)

“紙芝居を自作して“屋外シアター”に投影 東京にしがわ大学が多摩市で授業”の関連キーワード

update: 2011年6月29日