多摩〜羽田空港の高速バス路線を7月から大幅増便 京王バス南| 多摩ニュータウン.com

多摩〜羽田空港の高速バス路線を7月から大幅増便 京王バス南

画像:京王グループ ニュースリリースより

京王電鉄バスグループの京王バス南株式会社(本社府中市)は6月15日、空港連絡バス「多摩〜羽田空港線」のダイヤ改正を7月1日に実施すると発表した。空港発の帰りのバスを夕方から夜に5便増やし1日22便に、また空港行きも早朝5時台に1便を増やして1日14便とする。

多摩〜羽田空港線は、多摩(南大沢駅、多摩センター駅、聖蹟桜ヶ丘駅)と羽田空港(第1・第2・国際線の各ターミナル)を約1時間半から2時間で結ぶバス路線。運賃は大人1500円(南大沢〜羽田は1600円)、小人半額。京王バス南と東京空港交通(リムジンバス)が運行している。

空港発を5便増やすことで、国際線ターミナル午後4時25分発から同9時25分発まで30分間隔での運行となり、「飛行機を降りてから待たずにバスにご乗車いただけるようになります」としている。

また、京王電鉄バスグループは同日、中央高速バス「多摩〜河口湖線」「新宿〜富士五湖線」のダイヤ改正も発表した。

京王の高速バスがますます便利になります! (京王グループ)

7月1日改正後のダイヤ(PDFファイル)

“多摩〜羽田空港の高速バス路線を7月から大幅増便 京王バス南”の関連キーワード

update: 2011年6月15日