広島で平和を学び伝えよう–多摩市が子ども派遣事業、参加者募集中| 多摩ニュータウン.com

広島で平和を学び伝えよう–多摩市が子ども派遣事業、参加者募集中

tama-hiroshima多摩市くらしと文化部市民生活課は現在、市在住小学校5年生から中学校3年生までの生徒を対象に、2泊3日で広島を訪問し平和について学ぶ見学ツアーの参加者を募集中だ。昼食代等5000円程度の参加者自己負担があるほかは無料で、定員6人。申込者から作文を受け付けて選考する。

同課によると、「広島を訪問し、平和記念式典への参加や広島平和記念資料館の見学から、平和について学び、感じたこと・考えたことを報告会で発表して、多くの方たちへ伝えて」いくことが趣旨。日程は、7月24日に事前学習会として丸木美術館(埼玉県東松山市)を見学してから、8月5日〜7日に広島訪問。8月25日に関戸公民館で報告会を行う。

参加希望者は、原稿用紙3枚程度に「被爆地広島を訪れたい理由」を作文に書き、5月31日までに市民生活課へ持ち込みまたは郵送で提出する。選考結果は6月中旬に郵送で本人に通知。その他の詳しい情報は以下のリンク先に掲載されている。
2泊3日広島訪問(参加費無料)で平和について学んでみませんか? (多摩市ホームページ、原爆ドームの写真は関連情報のチラシから)
関連記事:多摩市非核平和都市宣言から1年:写真家・桃井和馬氏と阿部市長が平和・原発問題・エネルギーを語り合う

“広島で平和を学び伝えよう–多摩市が子ども派遣事業、参加者募集中”の関連キーワード

update: 2013年4月3日