「耳すま」モデル地の聖蹟で、コンテンツツーリズム学ぶツアー| 多摩ニュータウン.com

「耳すま」モデル地の聖蹟で、コンテンツツーリズム学ぶツアー

スタジオジブリのアニメ映画『耳をすませば』のモデル地となった聖蹟桜ヶ丘で、町歩きツアーとトーク、ワークショップを通じてコンテンツツーリズムの可能性を考えるイベントが9月6日(土)に開催される。一般社団法人リティラバの主催で、せいせき観光まちづくり会議が運営、森の歌会が運営協力する。

イベントの内容は、耳すまガイド鴨川美紀さんによる町歩きツアー、森の歌会を主宰するシンガーソングライター証さんによる原峰公園でのアコースティックコンサート、日本大学文理学部非常勤講師の毛利康秀さんによるコンテンツツーリズム講義など。
時間は午前10時から午後4時15分までの予定。参加費は3480円で、四季ベジスタイルの多摩野菜を使った特製弁当が付く。定員16名、申し込みは先着順で9月3日まで受け付ける。以下のリンク先にイベントの詳細と申し込み方法が掲載されている。
「耳をすませば」聖地の裏側から、コンテンツツーリズムの可能性を考えよう(TraveltheProblem)

“「耳すま」モデル地の聖蹟で、コンテンツツーリズム学ぶツアー”の関連キーワード

update: 2014年8月23日