三越、来年3月20日に閉店| 多摩ニュータウン.com

三越、来年3月20日に閉店

三越、来年3月20日に閉店
多摩センターの三越が来年3月20日で閉店します
1989年に多摩そごうが開店
2000年に三越が開店し16年で閉店
なかなか落ち着かないビルですが
次は何が入るか期待しています
三越、来年3月20日に閉店

三越千葉店と三越多摩センター店 来年3月閉鎖を発表
(NHKから)
大手デパートの三越伊勢丹ホールディングスは、業績が低迷している千葉市の「三越千葉店」と東京・多摩市の「三越多摩センター店」の2店舗を、来年3月で閉鎖すると発表しました。
発表によりますと、三越伊勢丹ホールディングスは千葉市の「三越千葉店」と、東京・多摩市の「三越多摩センター店」を来年3月20日で閉鎖するとしています。
三越千葉店は昭和59年に、三越多摩センター店は平成12年に、それぞれオープンしましたが、周辺の大型商業施設や専門店などとの激しい競争の中で業績の低迷が続いています。
2つの店舗の正社員やパート社員、およそ300人はほかの店舗などへの配置転換で対応する予定だということです。また、千葉市には外商やギフトを受注するため、現在の店舗の近くに外商やギフトを受注するためお得意様向けの小型店舗を設けるとしています。

判明!これが三越伊勢丹の「閉店リスト」だ
(東洋経済)
多摩センター三越(東京都多摩市)も2017年春ごろに閉めることを決めた。同店も営業赤字に陥っていたが、スーツファクトリーやライトオンなど、手頃な価格の量販店の入居が進み、ブランド価値が毀損していることが退店を決めた最大の理由だ。

千葉・多摩センターの三越閉鎖へ 収益改善見込めず
(朝日新聞)
三越伊勢丹ホールディングス(HD)は7日、傘下の三越伊勢丹が運営する三越千葉店(千葉市)と三越多摩センター店(東京都多摩市)を来年3月20日で閉鎖すると発表した。両店とも衣料品などの販売が振るわず、収益の改善が見込めないと判断したという。

三越、来年3月20日に閉店

多摩センター三越、16年の歴史に幕 来年3月に閉店へ
(八王子経済新聞)
2000年9月に閉店した旧多摩そごうの跡を受け、同年11月15日に開店した同店。京王線・多摩センター駅そばの「多摩センター百貨店ビル」の地下1階から2階までに出店し、新都市センター開発(多摩市鶴牧1)が同ビルに展開する「ココリア多摩センター」の核テナントとなっている。

2007年のピーク時には70億円弱の売上高を記録していたが、その後、低下傾向が続き、「上層階の業態転換により顧客数は増えたものの、『三越のれん』としての強みを生かしきれない状態が続いており、今後も業績の低迷が続くことが想定される」と今回、閉店を決定。「営業終了後は、三越日本橋本店、伊勢丹新宿本店のほか、近隣店舗をもって、多摩センターエリアのお客さまに対してこれまで以上にご満足をいただける商品とサービスをご提供する」としている。

現在、無期・有期を合わせて53人いる従業員に関しては、無期雇用者については他部門や他店舗への配置転換で対応。有期雇用者についても「営業終了時点で他店舗などでの就業を希望する者に対して、個々人の適性を鑑み、再雇用を予定している」と話す。

三越千葉店、三越多摩センター店/来年3月20日に閉店
(流通ニュース)
三越多摩センター店(ココリア多摩センターのテナントとして出店)は2000年に開業し、ピーク時(2007年)には70億円弱まであった売上高も低下傾向が続き、上層階の業態転換により顧客数は増えたものの、「三越のれん」としての強みを活かしきれない状態が続いており、今後も業績の低迷が続くことが想定され、営業の継続が難しいと判断し、2017年3月20日(予定)で営業を終了する。

■三越多摩センター店の概要
所在地:多摩市落合1-46-1
沿革:2000年開店
売場面積:13,373m2
売上高:63億2100万円(2016年3月期)
従業員数:53名(無期雇用者33名、有期雇用者20名)

004

“三越、来年3月20日に閉店”の関連キーワード

update: 2016年9月7日