建築史からみた “パルテノン多摩”| 多摩ニュータウン.com

建築史からみた “パルテノン多摩”

建築史からみた “パルテノン多摩”
1月27日にパルテノン多摩で講演会「建築史からみた “パルテノン多摩”」が開催
第1会議室に90名参加

パルテノン多摩だけじゃなく多摩中央公園やニュータウンのことも話し
予定より時間オーバーするほど

しっかりしたレポートはどこかにあると思うのでこぼれ話的なものを

・ピューロランドはもともとサンリオから配送センターを作りたいという話だったが盛り上がってテーマパークになった
・多摩中央公園の管理は多摩市がやるか東京都がやるかもめた。都は巨大な公園じゃないとやりたくない、と。
・多摩センターの北側はなぜ開発されないのか?東京都は積極的じゃなかった。しかしやる気になったとき多摩市議会が断ったという噂
・ニュータウンの計画は40万人、1世帯4人計算なので10万世帯入ることになるので世帯数的にはほぼ達成。しかし1世帯の人数が減ったので少なくなった
※東京都都市整備局の資料によるとニュータウン全体の世帯数は98,477世帯、人口224,105人

“建築史からみた “パルテノン多摩””の関連キーワード

update: 2019年1月29日