スマホアプリ「ピカピカメラ」でイルミ写真を楽しく–多摩センターイルミネーションとカシオ計算機がコラボ| 多摩ニュータウン.com

スマホアプリ「ピカピカメラ」でイルミ写真を楽しく–多摩センターイルミネーションとカシオ計算機がコラボ

img_photo現在多摩センター駅南側パルテノン大通りで開催中の「多摩センターイルミネーション2013」で、カシオ計算機が無料のスマートフォンアプリ「ピカピカメラ」と連動したサービスを実施中だ。会場でアプリを介してアイテムを入手し、スマホで撮影した写真に貼りつけて楽しめる。

ピカピカメラは、可視光でデジタル信号を伝える通信技術を応用したアプリ。アプリを立ち上げた状態でスマホを点滅する光に向けると、画像データのダウンロードが可能になる。対応OSは、iOS 5.1以降、およびAndroid 4.0以降(ダウンロード先リンク)。
多摩センターイルミネーションの会場では、同アプリに対応する点滅光のイルミネーションを、センターランドツリー、きらめきの池、サンリオピューロランド前など6カ所に設置(下の地図)。入手できるアイテムは、ハローキティなどのサンリオキャラクターと、トナカイ、サンタクロースといったクリスマスにちなんだ画像で、これらはピカピカメラに保存され、写真を撮る時に貼り付けることができる。

イルミネーションの点灯時間は午後4時30分から22時まで、サンリオのキャラクターイルミネーションは21時30分まで。ダウンロードサービスは12月25日(水)まで利用できる。
ピカピカメラ×多摩センターイルミネーション2013 (カシオ計算機)
多摩センターイルミネーション2013
img_map

“スマホアプリ「ピカピカメラ」でイルミ写真を楽しく–多摩センターイルミネーションとカシオ計算機がコラボ”の関連キーワード

update: 2013年12月2日