震災やエネルギーなど諸問題と持続可能社会を学ぶ無料講座「関戸地球大学院」、今夜からVITAで開催| 多摩ニュータウン.com

震災やエネルギーなど諸問題と持続可能社会を学ぶ無料講座「関戸地球大学院」、今夜からVITAで開催

多摩市関戸公民館と恵泉女学園大学大学院・平和学研究科が共催する社会教育講座「関戸地球大学院」が、本日5月11日から始まる。全6回の無料講座で、隔週水曜の午後7時15分〜21時、会場はヴィータコミューネ8階の関戸公民館大会議室。

武力紛争や暴力、ジェンダー差別や人権侵害、貧困や飢え、地球温暖化に代表される環境危機、投機マネーなどが引き起こす食糧価格の高騰といった今日の世界の問題を学び、サステナブルな社会を展望する。また、3月の東日本大震災と福島原発事故を受け、NGOやNPOの震災への対応、核エネルギー政策、震災における構造的暴力といったテーマも盛り込まれる。

定員は申込先着順60名で、11日昼の時点でまだ若干名の余裕があるとのこと。応募条件は特にないが、なるべく全6回出席できる人が望ましいとしている。問い合わせと申し込みは関戸公民館(042-374-9711)へ。各回のテーマと講師は以下の通り。

  • 第1回 5月11日 核エネルギー政策・人権・現代社会のあり方 上村英明教授
  • 第2回 5月25日 東日本大震災に対するNGO・NPOの対応 大橋正明教授
  • 第3回 6月8日 環境と食糧問題 持続可能なフードシステム  澤登早苗教授
  • 第4回 6月22日 グローバルな生物多様性とローカルな文化多様性の危機 松村正治准教授
  • 第5回 7月6日 経済のグローバル化と経済的自由 坂井誠教授
  • 第6回 7月20日  然災害か人災か 東日本大震災における構造的暴力の諸相 高橋清貴特任准教授

関戸地球大学院が本日より開始されます (恵泉女学園大学)

“震災やエネルギーなど諸問題と持続可能社会を学ぶ無料講座「関戸地球大学院」、今夜からVITAで開催”の関連キーワード

update: 2011年5月11日