【多摩市議アンケート】第5回:安斉きみ子議員| 多摩ニュータウン.com

【多摩市議アンケート】第5回:安斉きみ子議員

【基本情報】
氏名:安斉 きみ子
会派:日本共産党
任期:2002年初当選 3期目
住所:多摩市永山

【質問と回答】
1.6月定例会の一般質問で質問したことの要点を教えてください。

発達障がいなど特別支援教育の実態と今後の支援策を質した。 介護保険制度の認定制度の弊害を指摘し、計画に上がっている特養ホームの整備について進捗状況を質した。

2.質問に対してどのような回答が得られましたか。

市内の小、中学校に特別支援学級を増設する方向を明らかにした。また小学生の不登校対策として小学校の空き教室に適応教室を今年9月から開設することを明らかにした。特養ホームについては整備にあたって、土地代を減免して無償にすることを初めて明らかにした。

3.得られた回答についてどう評価しますか。

多摩市の特別支援教育は、先進的取り組みを展開していることについては評価する。ただし、学校間で取り組みに温度差があることも事実。今、市民むけの特別支援教育を理解してもらう講座など準備されており、全市民的に発達障がいの理解が進むことを望む。特別養護老人ホームの整備を急ぐことを望む。

4.市議会議員の任期を通じて、特に力を入れて取り組んでいることを教えてください。

子ども(保育・福祉・教育)
障がい者問題

5. 仕事以外で活動していることや、興味のあることなどを教えてください。

マンガ(挿絵ていど)を描くこと。 絵画鑑賞

6.読者に向けて一言メッセージをお願いします。

子どもも高齢者も障がい者も共に生活しやすい街づくりをめざしたい。

“【多摩市議アンケート】第5回:安斉きみ子議員”の関連キーワード

update: 2010年6月28日