【多摩市議アンケート】第4回:向井かおり議員| 多摩ニュータウン.com

【多摩市議アンケート】第4回:向井かおり議員

【基本情報】
氏名:向井かおり
会派:生活者ネット・無所属の会
任期:2007年初当選 1期目
住所:多摩市馬引沢

【質問と回答】
1.6月定例会の一般質問で質問したことの要点を教えてください。

法面(UR未利用地)への建設に不安を募らせている市民が少なくない。多摩の原風景の面影を残す里山や田畑の喪失にも歯止めがからない。自然環境や景観の保全と開発の両立のため『まちづくり条例』見直しと『景観条例』を。

2.質問に対してどのような回答が得られましたか。

「基本は市民の発意と創意。必要なら審議会で充分議論を。市民と職員が知恵を出し合う場も作れるといい」(市長)。みどりと環境審議会では部会設置ふくめ話し合う。委員からも指摘ある『まちづくり条例』見直す。『景観条例』は建築行政事務の移管を視野に入れ検討。

3.得られた回答についてどう評価しますか。

緑地取得ルール、建築行政事務移管の考えが確認できた。市長諮問でない市民発意の議論の場や、みどりと環境審議会での緑地保全の制度研究PJTなど前向きなのは評価。市民の発意と創意を受けとめる体制づくりが市長の仕事だ。

4.市議会議員の任期を通じて、特に力を入れて取り組んでいることを教えてください。

障がいを持つ人たちの、就労を通じた社会参加や自己実現を応援するために、市内授産施設の受注増(工賃だけでなく作業メニューを増やす)への市の協力を求めてきた。 議員は市民自治の道具であることを、皆さんと共有したい。

5. 仕事以外で活動していることや、興味のあることなどを教えてください。

某緑地保全のための活動。ゆるゆると市民がつながる多摩平和イベント実行委員会。去年立ち上げた『作業所応援団』は現在、紹介冊子がもうすぐ完成!畑の作柄をチェックしながら一人で歩くのが好きです。

6.読者に向けて一言メッセージをお願いします。

多摩市の魅力はなんと言っても『ひと』と『つながり』。何かやろうと思えば、必ず誰かが応援してくれます。この風土、子どもたちに残したいなぁ…と、最近しみじみ。皆さんはどう感じているのかなぁ…そっちが知りたい!

“【多摩市議アンケート】第4回:向井かおり議員”の関連キーワード

update: 2010年6月27日