【多摩市議アンケート】第1回:大野まさき議員| 多摩ニュータウン.com

【多摩市議アンケート】第1回:大野まさき議員

【基本情報】
氏名:大野まさき
会派:民主党TAMA
任期:2010年初当選1期目
住所:多摩市落合

【質問と回答】
1.6月定例会の一般質問で質問したことの要点を教えてください。

市長の「所信表明」で触れられた、市民の「共同作業」、窓口体制、事業評価・仕分け、公契約条例、ニュータウン空家対策とコミュニティ、福祉の総合窓口、重度障がい者介護人確保の対応、地域委員会、公共施設の相互活用等についての具体的な考え・方向性。

2.質問に対してどのような回答が得られましたか。

公契約条例については再来年度から導入する考え。福祉の総合窓口については、現存の福祉関係各所で幅広い相談を受けられる体制づくりを心がける。重度障がい者介護人確保の対応については、財源、他分野等のバランスも見ながら今後も検討。

3.得られた回答についてどう評価しますか。

地域委員会を作っていきたいという思いや熱意は理解できたが、既存の地域の各組織の活動やコミュニティづくりとの整合性や、人選の在り方等、具体性が欠けていた。公契約条例については具体的に2年後の制定に向けて動き出そうとしている取り組みであることがわかって良かった。

4.市議会議員の任期を通じて、特に力を入れて取り組んでいることを教えてください。

補欠選挙で当選したため、任期が1年のみ。そのため、市民の立場から必要と思える取り組みを具体的に進められる即戦力として、積極的な情報発信や市民とのキャッチボールを通じた発言をしていくこと。会派の潤滑油となり、チーム力を高めること。

5. 仕事以外で活動していることや、興味のあることなどを教えてください。

新たなユニットを結成し、昔やっていたバンド時代の曲や新曲を録音、演奏することをしていきたい。

6.読者に向けて一言メッセージをお願いします。

多摩市の魅力は大きな空間と、豊な緑、活力ある人材が多くいらっしゃることだと思います。 あれもこれも提供することが無理でも、市民が求めればそれぞれの求めるツール・居場所がちゃんと見つかる思いやりのある町づくりをしていきたいです。

“【多摩市議アンケート】第1回:大野まさき議員”の関連キーワード

update: 2010年6月24日