多摩市、男性料理サークル等に無料で講師派遣―「食育応援隊」事業| 多摩ニュータウン.com

多摩市、男性料理サークル等に無料で講師派遣―「食育応援隊」事業

多摩市は8月から、男性の料理サークルや団体を対象に、健康福祉部健康推進課(健康センター)の栄養士を講師として無料で派遣する事業を開始した。定年退職後、自宅にいる時間が増えた男性がターゲットで、すでに活動中のサークルのほか、近所で参加者を集める企画なども受け付ける。

平成20年5月に策定された多摩市食育推進計画の一環。市によると、「講師が食育応援隊としてひと工夫!もう一度作りたくなる料理を実習し、より多くの男性が、台所でおいしく、楽しく、健康に過ごすきっかけづくりになればと期待しています」という。講師の派遣時間はおおむね4時間まで。

市民に調理室を開放している公共施設を利用し、10人以上の集まりを想定。会場の予約と利用料、食材料の費用と買い出し、レシピの印刷などは団体側が負担する。申し込み先着順で年間10団体まで、原則として1団体に1回の派遣となる。

問い合わせ先やPDF形式の申込書などは以下のリンク先に掲載されている。

多摩市の食育推進 (多摩市ホームページ)

“多摩市、男性料理サークル等に無料で講師派遣―「食育応援隊」事業”の関連キーワード

update: 2010年8月11日