省エネ・長寿命の住まいづくり考えるシンポ 山岡淳一郎氏講演ほか–永山で3/16| 多摩ニュータウン.com

省エネ・長寿命の住まいづくり考えるシンポ 山岡淳一郎氏講演ほか–永山で3/16

machisen0316NPO多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議(たま・まちせん)は3月16日(土)午後1時から、永山公民館のベルブホールで市民企画講座「次世代に引き継ぐ 省エネ・健康・長寿命の住まいづくりとは」を主催する。参加費は資料代500円で、申込先着順100名まで。開催前日の15日(金)まで、ウェブの申込フォームで受け付ける。

基調講演では、ノンフィクション作家の山岡淳一郎氏が「これからの集合住宅のコミュニティーと暮らしかた」(仮題)をテーマに語る。続くパネルディスカッションでは、山岡氏の司会で「外断熱改修に至る過程とその後の暮らし」と題し、たま・まちせんの戸辺文博理事長、NPO外断熱推進会議の堀内正純事務局長、実際に外断熱改修を行った武蔵小金井ハイデンス、藤和ライブタウン希望が丘、ホームタウン南大沢の各管理組合代表者が報告や意見交換を行う。
なお、同じ会場で午前10時30分からは、外断熱展示と相談会を行う。さらに詳しい情報や申込フォームは以下のページへ。
【連続講座】外断熱塾 (NPO多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議)

“省エネ・長寿命の住まいづくり考えるシンポ 山岡淳一郎氏講演ほか–永山で3/16”の関連キーワード

update: 2013年3月14日