多摩の阿部市長と世田谷の保坂区長が語る“自治の可能性と『多摩共和国』”8/11| 多摩ニュータウン.com

多摩の阿部市長と世田谷の保坂区長が語る“自治の可能性と『多摩共和国』”8/11

世田谷区民会館(世田谷区世田谷4-21-27)で8月11日(土)午後2時から、佐藤文明追悼記念講演「自治の可能性と『多摩共和国』」が開催される。フリーライターの故佐藤氏と親交のあった多摩市の阿部裕行市長と世田谷区の保坂展人区長がそれぞれ講演し、対談も行う。市民団体「自由民権21」が主催し、参加費は1000円。

佐藤氏は2011年1月に死去するまで、戸籍制度問題を中心に、自由と民権、住民自治などさまざまな分野で執筆活動を行った。11日の演題は、地域住民の生活・文化に基づき、自立した住民があってこそ自治が確立すると指摘した2005年の著書『未完の「多摩共和国」―新選組と民権の郷』(凱風社)に由来する。

講演では、「3.11後、自治体のあり方の変化」についても語られる予定という。予約や問い合わせは自由民権21へ(メール jiyu-minken@jcom.home.ne.jp または090-2903-1960森さん)。

“多摩の阿部市長と世田谷の保坂区長が語る“自治の可能性と『多摩共和国』”8/11”の関連キーワード

update: 2012年8月6日