多摩市、防災情報のメール配信サービスを開始| 多摩ニュータウン.com

多摩市、防災情報のメール配信サービスを開始

多摩市は今月1日から、気象情報や台風・大雨などによる河川の洪水予報などの水防情報、地震情報などの防災情報をメールで携帯電話やパソコンに配信するサービスを開始した。多摩市公式モバイルサイトにアクセスして登録すると、情報メールを受信できるようになる。

これまでも、多摩市メール配信サービスでは「不審者出没や犯罪発生等に関する情報」「多摩市からのお知らせ」を提供してきたが、予測困難な集中豪雨等が近年増加していることなどを考慮して、新たにコンテンツを増やしたという。

ウェザーニューズも7日、「ゲリラ雷雨」と呼ばれる雷を伴う局地的な集中豪雨が、東京都では7月〜9月に前年比45%増の140回発生するとの予測を発表している。防災情報の迅速なメール配信が、自然災害への早期警戒と安心な暮らしに役立つことが期待される。

[関連リンク]
「防災情報」メール配信サービス (多摩市ホームページ内。メール登録ページへのリンクあり)

ウェザーニューズ、今夏の「ゲリラ雷雨傾向」を発表 (日経プレスリリース)

“多摩市、防災情報のメール配信サービスを開始”の関連キーワード

update: 2010年7月7日