多摩市、ネット情報公開を推進–電子告示を導入、近く公文書目録検索システムも| 多摩ニュータウン.com

多摩市、ネット情報公開を推進–電子告示を導入、近く公文書目録検索システムも

多摩市は、公式ホームページを活用して電子告示および公文書目録検索システムを運用開始すると発表した。「情報通信機器の発達やインターネット環境の普及が進んでいる状況を踏まえ、市民への情報公開推進と市政運営の透明性向上を図る」としている。

多摩市電子告示は1月24日に導入済み。市が指定、決定等の処分その他の事項を広く利害関係者や市民に知らせる告示文書は、これまで市役所玄関前の掲示場に掲載してきたが、ネット経由でも閲覧できるようにした。同ページ上で告示番号・告示日・件名・担当課が一覧表示され、PDF形式のファイルで内容を閲覧できる。

PDF文書の掲載期間は告示日から約2週間。掲載量が多い文書および個人情報が含まれている一部の文書については件名のみ記載する。

また2月10日には、ホームページ上で多摩市公文書目録検索システムを立ち上げる予定。市が保有する公文書の件名や概要などの検索と閲覧が可能になるという。

“多摩市、ネット情報公開を推進–電子告示を導入、近く公文書目録検索システムも”の関連キーワード

update: 2011年2月1日