「第2回TAMA環境ものづくり大賞」募集開始| 多摩ニュータウン.com

「第2回TAMA環境ものづくり大賞」募集開始

一般社団法人首都圏産業活性化協会(TAMA協会)が主催する「第2回TAMA環境ものづくり大賞」の募集が8月1日に始まった。埼玉県南西部地域・東京都多摩地域・神奈川県県央地域の企業を対象とし、CO2排出量削減などに効果のある、優れた環境技術・製品、環境対応の取り組みを選定して表彰。「環境ものづくり」の普及促進を図るという。協賛は西武信用金庫。

応募受付は8月31日までの1カ月間。申込各社の取り組みの評価・選定を経て、11月25日に東京農工大学小金井キャンパスで開催される「第3回TAMA産学官金サミット」で表彰する。受賞企業には表彰状と副賞(大賞は50万円)が贈られる予定。

なお、昨年の第1回大賞には、株式会社リガルジョイント(神奈川県相模原市)の雨水貯水設備・ソーラーパネル蓄電システム・冷温水蓄熱システムなどを柱とする「独創的アイディアによる自社工場内空調システム構築」が選ばれた。

募集要項や申込方法などの詳細は、以下のリンク先に掲載されている。

第2回 TAMA環境ものづくり大賞 (社団法人首都圏産業活性化協会)

[参考]
リガルジョイントのエコビルが「TAMA環境ものづくり大賞」を受賞しました。 (株式会社リガルジョイント)

“「第2回TAMA環境ものづくり大賞」募集開始”の関連キーワード

update: 2010年8月2日