多摩市、省エネ・創エネチャレンジコンテストを開催―8月の電気使用量・発電量| 多摩ニュータウン.com

多摩市、省エネ・創エネチャレンジコンテストを開催―8月の電気使用量・発電量

多摩市はこの夏、家庭や事業所での省エネを促す取り組みとして、「省エネ・創エネチャレンジコンテスト」を実施する。8月から9月にかけた約1ヶ月間で、家庭と事業所それぞれで省エネや創エネに挑戦してもらい、消費電力削減率や余剰売電増加率の上位者を表彰する。
省エネ部門では、電力会社の検針票をもとに、電気の使用量を前年8月に比べて今年の8月にどれだけ減らせたか(削減率)を競う。また創エネ部門では、太陽光発電システムを利用して東京電力へどれだけ電気を供給したか(余剰売電増加率)を競う。いずれの部門も、家庭の部、事業者の部に分けて応募する。

両部門とも家庭の部上位3名、事業者の部上位3社を2015年2月に開催される環境イベント「エコフェスタ多摩」で表彰し、副賞も贈る。詳細は以下のページに掲載されている。
省エネ・創エネチャレンジコンテスト (多摩市ホームページ)

“多摩市、省エネ・創エネチャレンジコンテストを開催―8月の電気使用量・発電量”の関連キーワード

update: 2014年7月25日