生活者目線で考える“エネルギーと幸せ”–あす多摩で講演会| 多摩ニュータウン.com

生活者目線で考える“エネルギーと幸せ”–あす多摩で講演会

パルテノン多摩で7月21日(月・祝)、「持続可能なまちづくり 多摩からエネルギーと幸せについて考える」と題した講演会が開催される。講師は、大和総研の主席研究員で、NPO社会的責任投資フォーラムの代表理事も務める河口真理子氏
「いま話題のご当地電力、その可能性と経済性を研究者目線と生活者目線で本音トーク」するという。主催は、一般社団法人多摩循環型エネルギー協会。

会場はパルテノン多摩の第2・第3会議室で、時間は午後2時から1時間。
終了後、同じ会場で午後3時15分から、多摩電力合同会社が「たまでん債2014説明会」を開催する。トランスバリュー信託(株)の柴垣宏行常務取締役がたまでん債について、また多摩電力合同会社の山川陽一代表が同社の事業について、それぞれ説明する。
終了は4時45分の予定。講演会、説明会とも参加無料、予約不要。
一般社団法人多摩循環型エネルギー協会
多摩電力合同会社

“生活者目線で考える“エネルギーと幸せ”–あす多摩で講演会”の関連キーワード

update: 2014年7月20日