地域ケアと健康長寿を学ぶ"生活設計講座"–唐木田コミセンで5/13| 多摩ニュータウン.com

地域ケアと健康長寿を学ぶ"生活設計講座"–唐木田コミセンで5/13

一般社団法人多摩マイライフ包括支援協議会は5月13日(火)午後2時から、菖蒲館2階ホールで「シニアのための、安心!いきいき!生活設計講座」を開催する。唐木田コミュニティセンター運営協議会との共催で、定員80名(申し込み先着順)、参加費500円。
講師は首都大学東京大学院の星旦二教授。「健康長寿をめざす暮らし方」や「望ましい最期を迎えるためのしくみ」について分かりやすく、ユーモアもまじえて語る。
講座終了後は、コミュニティケアの拠点となっている高齢者福祉関連施設「ゆいま〜る中沢」、医療財団法人天翁会「あいクリニック中沢」、あい小規模多機能施設「ほたる」の見学会を実施。こちらは先着30名となっている。

多摩マイライフ包括支援協議会は、医療・福祉・介護の関係機関と研究者、民間、NPOが集まり、2013年12月に設立。「自分らしく最期まで暮らすための“トータルケアの仕組み構築”」を目指す。
申し込みと問い合わせは同協議会へ(TEL/FAX 042-401-8155 mylifetamacity@gmail.com)。

“地域ケアと健康長寿を学ぶ"生活設計講座"–唐木田コミセンで5/13”の関連キーワード

update: 2014年5月1日