市民が選んだ多摩市のご当地お菓子は? 多摩センターで投票イベント開催| 多摩ニュータウン.com

市民が選んだ多摩市のご当地お菓子は? 多摩センターで投票イベント開催

多摩市が主催するイベント「みんなで選ぶ 多摩市のご当地お菓子ファン投票!」が3月23日、ココリア多摩センター北側軒下で行われた。「大切な人に贈りたい多摩市のお菓子」をテーマに、多摩市内のお菓子店などが多摩市にゆかりのある焼き菓子等を出品し、来場者は試食や展示PRをもとに気に入った品に投票。出品菓子の販売コーナーも人気だった。(左写真:「みんなで選ぶ 多摩市のご当地お菓子 ファン投票!」フェイスブックページより)[取材と文・川崎正樹、編集・高森郁哉]

今回エントリーしたご当地お菓子14品が全て試食できるとあって、投票用紙の配布時間にはあっという間に長蛇の列。スタートから1時間半で試食終了という事態に、間に合わなかった来場者は残念しきりの表情を浮かべていた。
それでも、試食できなかった来場者も投票に参加し、「実際に作っているスタッフの顔が見えると、やっぱり安心する」との声も聞かれた。

当地ゆかりのキャラクター、「けい太くん」(京王れーるランド)、「RISURU」(たましん)、「ヴェルディ君」(東京ヴェルディ)が入れ替わりで会場内を散歩し、子供たちは大喜び。人気キャラクターたちと握手をしたり一緒に写真を撮ったりして、イベントはさらに盛り上がった。(右写真:川崎正樹撮影)
ファン投票の他に、出品お菓子の販売コーナーもあり、にぎわいを見せた。「わたしの夢のお菓子」イラスト展では、子供たちがこんなお菓子を食べてみたい、作ってみたいと想像力いっぱいに描いた作品も展示されていた。

投票数の多いお菓子を1位から3位までを発表する表彰式には、阿部裕行市長も駆けつけて祝辞を述べた。栄えある第1位に輝いたのは、昨年4月にオープンした貝取の洋菓子店、パティスリージュジュ(Patisserie jou jou)の「多摩らんラスク」。同店のオーナーは「初めての大きなイベントに、店のPRになればと参加したが、まさか1位がとれると思っていなかったので驚いた。でも素直にうれしい」と喜びを語っていた。
みんなで選ぶ 多摩市のご当地お菓子ファン投票! (NPO法人シーズネットワーク、3枚目写真も同サイトより)

“市民が選んだ多摩市のご当地お菓子は? 多摩センターで投票イベント開催”の関連キーワード

update: 2014年3月24日