東京都助成の『多摩のおみやげ』プロジェクト、登録商品を募集中| 多摩ニュータウン.com

東京都助成の『多摩のおみやげ』プロジェクト、登録商品を募集中

多摩信用金庫(たましん、本店・立川市曙町)は現在、『東京・多摩のおみやげ』プロジェクトの一環として、多摩地域で食品や物品を製造または販売する事業者を対象に、『東京・多摩のおみやげ』登録商品を募集中だ。登録は無料で、プロモーション用サイトに商品が掲載されるなど、「売上増加の絶好の機会となります」とアピールしている。

同プロジェクトは、たましんが東京都の助成金「平成22年度都内産品販売活動支援事業」の採択を受け、多摩地域のおみやげを集めたブランドを構築して全国に発信する目的で立ち上げたもの。2013年に開催される第68回国民体育大会(東京国体)などに向けて、登録商品を多摩地域のおみやげ・手みやげとして購入してもらうことを目指す。

商品が登録されるためには、(1)おみやげとして多摩地域等で販売店から持ち帰り可能で、継続して販売できること(2)原則として、商品に表示する事業者の住所または所在地が多摩地域であること(3)商品が食品(青果含む)または物品であること――の3要件を満たす必要がある。募集の締め切りは11月1日(月)午前10時。

登録申し込みが承認された場合は、1事業者につき3品まで、事業者名、商品名、商品画像、商品PRコメント、問い合わせ先などが、多摩地域のおみやげ総合案内所となる『東京・多摩のおみやげ』サイトに無料で掲載される。なお、同サイトの制作運営は、株式会社キャリア・マム(多摩市愛宕)が受託している。

同プロジェクトではこのほか、来年3月上旬開催のアジア最大級食品見本市「FOODEX JAPAN2011」(全国食品博ゾーン)に、『東京・多摩のおみやげ』パビリオンとして共同で出展する事業者も募集中。こちらは出展費用15万円(消費税込)がかかり、10月13日午後5時まで応募を受け付ける。

登録商品や共同出展の申し込みは、以下のリンク先から専用フォームで行える。

『東京・多摩のおみやげ』応募サイト

“東京都助成の『多摩のおみやげ』プロジェクト、登録商品を募集中”の関連キーワード

update: 2010年10月4日