市職員が語る“多摩市高齢者の実態と健康づくり”講座 多摩センターで7/30| 多摩ニュータウン.com

市職員が語る“多摩市高齢者の実態と健康づくり”講座 多摩センターで7/30

NPO法人多摩サロンは7月30日(月)午後3時から、多摩センターのたま・まち交流館(落合1-45-2 丘の上パティオ新館地下1階)で、「多摩市高齢者の実態と健康づくりについて」と題した講座を主催する。講師に多摩市健康福祉部健康推進課・健康推進担当主査の相良裕美さんを招く。参加は無料。

相良さんは、国士舘大学新体操部や市職員有志と協力して「たまの体操」を創作し、普及に努めるなど、ユニークな発想も取り入れながら市民の健康推進に取り組んでいる。講座の主な内容は、多摩市の高齢者人口と高齢化率、健康づくりの取り組みや個人の注意点など。問い合わせは多摩サロンの藤井國男さん(042―372―4109)か村上順子さん(042―792―6890)へ。

なお多摩サロンは、今後も高齢者向けの健康講座をシリーズで開催する予定。高齢者にかかわる家族や地域社会のあり方などを考える講座を企画していくという。

多摩市民がつくる生活安全・安心マップ (多摩サロン)

“市職員が語る“多摩市高齢者の実態と健康づくり”講座 多摩センターで7/30”の関連キーワード

update: 2012年7月21日