「多摩の点景」写真展、トムハウスで開催中| 多摩ニュータウン.com

「多摩の点景」写真展、トムハウスで開催中

写真愛好家サークル「多摩写遊会」による写真展<多摩の点景>が、鶴牧・落合・南野コミュニティーセンター「トムハウス」(多摩市落合6-5)で開催中だ。多摩市内や近隣の多摩地域の自然の風景が見せる四季折々の表情が、計29点の写真で鑑賞できる。

多摩写遊会幹事の小林清さんによると、同会の写真展は毎年2月と8月に開催しており、今回で24回目を数える。多摩市在住者のほか、市外からも写真好きが集まっているという。

市内では多摩中央公園、旧富澤家、宝野公園など、市外では町田市小野路町、立川市昭和記念公園、調布市神代植物公園などが撮影地に選ばれている。

8月24日(火曜)まで開催され、時間は午前10時から午後5時まで。最終日のみ午後3時で終了する。

トムハウス ホームページ

“「多摩の点景」写真展、トムハウスで開催中”の関連キーワード

update: 2010年8月19日