多摩・武蔵野検定講座、受講者募集–国立・多摩カレッジ| 多摩ニュータウン.com

多摩・武蔵野検定講座、受講者募集–国立・多摩カレッジ

多摩らいふ倶楽部・多摩カレッジ(国立)は、「多摩・武蔵野検定講座 地域遺産が語る多摩の歴史と文化」と題した4月〜9月期の講座の受講者を募集開始した。

同検定は、社団法人「学術・文化・産業ネットワーク多摩」が主催。官学連携の活動を通じて多摩・武蔵野地域を知り、「地域活性化につながる人材育成と地域に対する愛着と誇りを醸成していくことで『多摩・武蔵野が大好き』といえる人を一人でも多く育てるための検定試験」(公式サイトより)という。検定受検者のための公式テキスト本や模擬問題集も発行している。

講師は法政大学大学院人間社会研究科の馬場憲一教授ほかが務める。講義の実施日時は4月20日から9月28日まで全10回、10:00〜12:00。各回10時から2時間。定員30人で、受講料1万6000円と多摩らいふ倶楽部年会費3150円が必要。

多摩カレッジの多摩・武蔵野検定講座

 

“多摩・武蔵野検定講座、受講者募集–国立・多摩カレッジ”の関連キーワード

update: 2010年4月6日