“たまには芝居”参加公演『リトルセブンの冒険』、今週末にヴィータホールで| 多摩ニュータウン.com

“たまには芝居”参加公演『リトルセブンの冒険』、今週末にヴィータホールで

多摩演劇フェスティバル実行委員会が主催する“たまには芝居”の参加公演として、「劇団つくしんぼ」による『リトルセブンの冒険』が今週末、多摩市立関戸公民館内のヴィータホールで上演される。上演は計3回で、7月31日(土曜)が午後7時、8月1日(日曜)が午後1時と午後6時(開場はそれぞれ30分前)。

多摩演劇フェスティバル実行委員会には現在、多摩地区を拠点に活動しているアマチュア市民劇団が12団体所属。“たまには芝居”は、所属劇団による公演を奇数月にリレー形式で行い、年間を通じて演劇を楽しんでもらうことを目的とし、平成17年にスタートしたという。

劇団つくしんぼは、1998年に日本工学院八王子専門学校演劇科ミュージカルコースの学生を中心に旗上げ。『リトルセブンの冒険』は、1999年に劇団☆新感線プロデュース公演として上演された作品で、『白雪姫』をモチーフにしたファンタジー活劇とのこと。

料金は、前売1500円、当日1800円、中高生1000円、小学生以下無料。その他の詳細は下記のリンク先へ。

多摩演劇フェスティバル実行委員会“たまには芝居”

““たまには芝居”参加公演『リトルセブンの冒険』、今週末にヴィータホールで”の関連キーワード

update: 2010年7月27日