佐伯良四郎画伯による“多摩市百景”絵画展、4/26から総合福祉センターで| 多摩ニュータウン.com

佐伯良四郎画伯による“多摩市百景”絵画展、4/26から総合福祉センターで

多摩市総合福祉センター(南野3-15-1)で4月26日(土)から4月29日(火・祝)まで、「絵画展 美しき多摩〜多摩市百景〜」を開催する。多摩市に在住していた画家の佐伯良四郎氏から寄贈された多摩市内各地域の風景画125点を一挙に展示するもので、入場無料。

作品は1987年から2009年にかけて制作され、すすきが広がる造成中の多摩センター駅周辺、住宅地の奥に佇むお寺などの懐かしい風景や身近な街並みが描かれている。佐伯氏は八王子市に転居する際これらの作品を寄贈したが、自身も「全ての絵を一堂に会して見たことがない」と言い、貴重な個展となる。

多摩市社会福祉協議会と、同センター指定管理者の二幸産業・NSPグループが共催する。展示場所は7階特設会場、時間は午前9時から午後6時まで。問い合わせは多摩市総合福祉センター3階事務室(042-356-0303)まで。
絵画展 美しき多摩〜多摩市百景〜 開催!!(多摩市社会福祉協議会)
一の宮美術館(佐伯良四郎氏のホームページ)

“佐伯良四郎画伯による“多摩市百景”絵画展、4/26から総合福祉センターで”の関連キーワード

update: 2014年4月23日