能年玲奈さんと門脇麦さん、新進女優賞:第6回TAMA映画賞授賞式(3)| 多摩ニュータウン.com

能年玲奈さんと門脇麦さん、新進女優賞:第6回TAMA映画賞授賞式(3)

04-DSC_0113最優秀新進女優賞には、能年玲奈(のうねんれな)さんと門脇麦(かどわきむぎ)さんが選ばれた。
能年さんは、多摩センター親善大使のハローキティから花束を贈呈されハグされたことに感激し、「キティちゃんに抱きしめていただけて幸せ」と笑顔でコメント。初主演映画となった『ホットロード』については、「一生懸命生きている女の子なので、そこを軸に役作りをがんばった。(原作漫画で描かれた80年代は)現在と違って、感情を口にするのが今よりもすごく重いことなんだなと思った」と振り返り、「みなさんが観てくださり、和希の心の痛みを感じてくれたおかげで、私がこうして賞をいただけた。ありがとうございます」と感謝を述べた。

また12月公開の『海月姫』について、「おもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかな映画。お祭り気分で、『海月姫』祭りと思って劇場で楽しんでいただければ」と呼びかけた。
03-DSC_0041もう1人の受賞者、門脇麦さんは、緊張気味の面持ちで「初めての映画賞で、すごく嬉しい」とあいさつ。主要キャストらがほぼ全編でバスタオル1枚か裸という極端な状況で撮影された『愛の渦』について、「役が決まってから現場に入るまで不安で、自分に務まるのかと悩んだり、お腹が痛くなったりした。撮影に入ると、緊張感はそれほどなく、意外と和気あいあいとした現場だった。最初にバスタオル1枚で集合した時はさすがに微妙な空気が生まれたが、不思議なもので撮影後半に進むにつれて誰も気にしなくなっていた」と振り返った。

今後については、「想像していなかった出会いがこれからもきっとたくさんあるんだろうなあと思っている。今の自分の狭い視野でえり好みするのはもったいない。柔軟に、軽やかに、1歩でも2歩でも、遠くに行けたらいいなと思っています」と語っていた。
第23回映画祭TAMA CINEMA FORUM

“能年玲奈さんと門脇麦さん、新進女優賞:第6回TAMA映画賞授賞式(3)”の関連キーワード

update: 2014年11月25日