多摩ニュータウンとオリンピック| 多摩ニュータウン.com

多摩ニュータウンとオリンピック

1年延期となった東京オリンピック
いよいよ1ヶ月後には多摩ニュータウンを自転車が疾走!
今後ニュータウンでオリンピックを見れるのは微妙
オフィシャルスタートの是政橋から稲城市に入り
そこからしばらくは多摩ニュータウンを走ります。

稲城市の要望書から
稲城市内の多摩丘陵を通る公道には、尾根幹線に代表されるような、見晴らしが良く適度にアップダウンのある道や、川崎街道の通称連光寺坂や、ヒルクライムに挑戦できるよみうりV通りなど、多彩な道があり、連日多くの自転車愛好家が訪れ、自転車競技に最適な地理的環境にあることは、周知のものと自負しております。自転車競技(ロード・レース)のコースが市内を通った暁には、コースを示すモニュメントをはじめとした、カフェやシャワー、更衣室、自転車販売スペース等を備えた自転車愛好家の集まる拠点『サイクルステーション』を後世に残る記念碑として整備してまいりたいと考えております。都心からのアクセスも良く、かつ緑豊かな丘陵地帯である稲城市が、競技の繰り広げられた実績を偉大な歴史に加え、市民にとどまらぬ多くの自動車愛好家から愛される「自転車の街」として発展していくことを希望して止みません。

多摩市長コメント
東京都及び公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に心より感謝申し上げます。多摩市には見渡しの良い尾根幹線、緑豊かな上之根大通り、駅から至近の多摩センターエリアとさまざまな観戦スポットがございます。UCI(国際自転車競技連合)から景観を高く評価いただいた聖ヶ丘・馬引沢の街並みコースも非常に魅力的です。市民をはじめ多くの皆さんには、ぜひこの機会に間近で迫力あるレースシーンを直接観戦いただきたいと思います。

「1964年東京大会の自転車競技ロードレース会場となった本市で、再び同競技が開催されることを市民とともに心より歓迎します。世界のトップアスリートが市内を駆け抜ける光景が、未来を担う子どもたちから前大会当時を知る世代まで、市民共有の心の財産となることを期待しています。大会の成功に向け、関係者と連携してしっかり準備に取り組んでまいります。」
八王子市長  石森 孝志

“多摩ニュータウンとオリンピック”の関連キーワード

update: 2021年6月25日