大妻女子大・田代教授講演「TPP―東日本大震災と国民生活―」 関戸公民館で4/29| 多摩ニュータウン.com

大妻女子大・田代教授講演「TPP―東日本大震災と国民生活―」 関戸公民館で4/29

多摩市で活動する市民グループ「民権com.」(自由と平和・民権をすすめる多摩市民懇談会)は、4月29日(金・祝)に「TPP ―東日本大震災と国民生活―」と題した講演会を主催する。講師は農業政策を専門とする田代洋一氏(大妻女子大学社会情報学部教授、横浜国立大学名誉教授)。会場は関戸公民館ヴィータ8階(OPAビル)第1・2学習室で、時間は午後2時〜午後4時30分。参加費は500円。

講演では、民主党管政権が導入を目指している環太平洋戦略経済連携協定(TPP)とは一体どんなものか、また、東日本大震災から見えてきた大都市東京のもろさと地方への依存について、主に農業の視点から考えるという。

問い合わせは、民権com.の神子島健(かごしま たけし)さん(電話090-4120-4431またはメールtn411@hotmail.com)まで。

“大妻女子大・田代教授講演「TPP―東日本大震災と国民生活―」 関戸公民館で4/29”の関連キーワード

update: 2011年4月20日