建物オーナー向け太陽光発電“屋根貸し”セミナー–都と多摩市が合同開催| 多摩ニュータウン.com

建物オーナー向け太陽光発電“屋根貸し”セミナー–都と多摩市が合同開催

集合住宅ソーラー東京都と多摩市は11月19日、建物所有者に空いている屋根の有効活用を呼びかける「太陽光発電『屋根貸し』セミナー」を合同で開催すると発表した。12月16日(月)午後2時30分から5時、会場は永山公民館ベルブホール(多摩市永山1-5)で、参加無料。定員は150名で、建物所有者と、多摩市および近隣市の発電事業者を優先して受け付けるとしている。(画像は多摩市HPより)

多摩市は、太陽光発電の屋根貸しについて、「所有建物の屋根を太陽光発電事業者に貸出し、太陽光発電事業者が発電事業を行い、その対価として屋根賃料や非常用電源としての太陽光発電設備の使用といったサービスを受けるもの」と説明。また都は、「固定価格買取制度の開始により、太陽光発電の屋根貸しという設置手法への関心が高まって」いるとし、屋根貸しを推進するため、屋根の借り手と貸し手を結び付ける取り組み(マッチング事業)を今年9月に発表している。
セミナーは3部構成。第1部では東京都環境局が屋根貸しマッチング事業を、第2部では多摩市環境部屋根貸しにおける取り組みをそれぞれ紹介する。
第3部では屋根貸しの実例紹介として、建物所有者側から、住宅型有料老人ホーム「ゆいま〜る聖ヶ丘」を運営する株式会社コミュニティネットの高橋英與代表取締役が、屋根貸しを実施した実例を通し、建物所有者にとってのメリットを語る。また発電事業者側から、多摩電力合同会社の秋元孝夫副代表が、屋根貸し事業の具体的内容や実施に当たっての留意点を説明する。

セミナー終了後には発電事業者の相談窓口も設置する。参加申し込みは、TOKYO太陽エネルギーポータルサイトで11月20日午前10時から受け付ける。
「屋根貸し」セミナー(地域版)(平成25年12月16日開催) (TOKYO太陽エネルギーポータルサイト)
太陽光発電「屋根貸し」セミナー(地域版)を開催 都と多摩市で連携して地域の取組を推進 (東京都公式ホームページ)
太陽光発電「屋根貸し」セミナーを開催します! (多摩市ホームページ)

“建物オーナー向け太陽光発電“屋根貸し”セミナー–都と多摩市が合同開催”の関連キーワード

update: 2013年11月19日